バイクメンテナンス オイル交換

バイクのオイル交換のタイミングはいつ?

バイクメンテナンスについての手引きはたくさんありますが、
どの手引書にも共通して載っているのがオイルの交換のやり方です。

 

バイクを良いコンディションのまま長く乗るためにも、
オイル交換を早めに行っておくことが大切です。

 

オイル交換をこまめに行っておくと、
エンジンに余計なダメージがかからずに済むからです。

 

バイクのオイル交換のタイミングは、一般的には走行距離が
5,000kmを超えてきたごろに行うのが理想的です。

 

オイルのラベルやメーカーのホームページを見ると、
オイル交換のタイミングについて書いてあるので参考にしてみてください。

 

ただ、バイクの専門家や愛好家の方々に聞くと、
もっと早いサイクルでオイル交換したほうがよいと言う人が多いです。

 

専門家や愛好家の意見をまとめると、5,000kmよりもっと短い
3,000km程度でオイル交換すべきと言われています。

 

少ない走行距離でこまめに変えれば変えるほど、
エンジンへの負担は少なく済みますのでエンジンが長持ちします。

 

自動車のオイル交換ならば、
10,000kmや15,000kmを超えたら交換するというのが一般的なので、
車のオイル交換のタイミングと比べると、バイクはかなり短く感じるかもしれませんね。

 

自動車と比べてバイクのオイル交換のタイミングが早いのは、
それだけバイクのほうがエンジンへ負荷がかかっているためです。

 

バイクはエンジンへ大きな負荷がかかっているため、
日ごろのメンテナンスをしておかないと、
予想外の事故を引き起こす可能性があるので注意が必要です。