風女子

今どきの女のコが風俗の店を辞めたがる“理由”

行儀と税関作家と呼ばれている仕事をするとき、私は行儀と税関によって働いている女の子から意見を聞かれるかもしれません。
最も「現在の店と貧困に他の店で働くのを任せてください、わずかに良い店がありますか?」ので。
もちろん、私は、それが作家の報道範囲の店であるならば、買い物をすることが優秀な人々が不足することを理解します。
しかし、当然の事として、私は聞きます。そして、私が人を人に紹介するならばそれが責任を伴うので、「なぜ、あなたはそれを去りたいですか?」。
それから、大部分の答えはお金の問題です、そして、多くのコが「現在の店で金を儲けることができない」ためにあります。
それはこの間に池袋の配達健康によって働く20才のリーナ(カナ)によって話されました、しかし、「割当ては難しいです」ので、私が店を出たいと言われます。
割当ては行儀と関税産業にあって、彼らは、たとえば、一週間のうちに第4の上に少なくとも4時間店に従いオフィスに行きます、そして、彼らが働くならば、2人は少なくとも訪問客にさえさわります … それは、といったパターンです。
女の子が意識「彼女がかせぐために!」を持ちに来るので、これを目指すことによって行う側の士気は増加して、割当てを課します。
しかし、「スペース世代」と呼ばれている年齢層の多くの女の子がそのような割当てを課すので、士気は最近逆にしばしば下がります。

リーナがそれがそのようなパターンであると思ったとき、それはそうでありませんでした。

「ブログは厄介です、そのようにのない店はよいですので、 …
彼女がスマートフォンを取り出したスクリーンにとって、特定のブログは表示されました。
ブログは特定の行儀と関税のポータル・サイトの店導入のページで装置されます、そして、それは登録される女の子がその人のスマートフォンさえ貢献させることができるシステムです。
個人の「それを私はこれに買いました!」の報告は仕事コミュニケーションによってそこでつづられます、「私は、次に2日後に、オフィスに行きます!」、「今日ありがとう」。
実際、多くの行儀さんと私がそのような店の用地から現在それにアクセスして、読むことができる関税ブログがあります、そして、サイトを生じている会社が任意にブログを簡単に開始することができるツールに備えている場所はしばしば見つかります。
私は大好きな女の子をユーザーのために熱されている親近感と兵卒を示している女の子による直接の急送によってより知っていることができます、そして、訪問客によると、単純な予定通知さえそれをうれしく思っていなければならないことになっています。
店側にはブログが顧客を引き入れることに導く考え方があることは、当然のことです。 しかし、
「(意地の悪い微笑)そんなに第一に、それを書く人は深刻です!そうそれを書いているものが、ありません」
とリーナは訴えます。
私は、きっと、私がユーザー一瞥において立っているとき、出席情報についてリアルタイムに知っていることができるものに感謝します。
急病による不在になったとき、それは寄贈されます; 「次の機会で … それはなります「そして、他の女の子の状況をチェックするつもりです。
そして、私が次にそれをするとき「好みをとてもこんなに固めてください!」という貢献があるならば、私はプレゼントとして個人的なレポートをとることができます。 それで、会話が飛んで行くならば、ブログは幸運な人です。
しかし、それを書いた人は残念です、しかし、「したがって、貢献があることが、時々事実です、そのたった一つの何でもないこと」と印象は出ません。
本当に、私が店に書かせられるほとんどものが、あります。
それは、「日に2回我々の店を更新する割当てでなる、そして、です … したがって、私がなんとかするときたとえ私が写真を撮るとしても、それは厄介です!」
私は、と(それをするのを嫌うリーナの感覚)を理解します。 そして、彼女は、適当なものを書くという可能性があるようです。
また、ゆがみが店で人間関係で生じる場合があると言われます。
「兵卒が増加するとき、「これを買った」システムのブログと私は、彼らの間でメチャの高さのものを誇りに思うために、
女の子があって、それから、それがそうであると思うとそれに手紙に書きます、「私は、それとそのような製造金を得ます」、そして、 …
配達健康の場合、私は、彼女のオフィスへ行く予定になっていて、待ち地面で他の女の子と任命されている女の子の前に、時間をしばしば過ごします。
言い換えると、私は、そこの複雑なもしもが仕事でなくて、待っている状況でそのような貢献を見るのを感じるということです。
そのうえ、「私は物語を高さに含めます、そして、写真は処理のために精巧です、そして、ふさわしいコがあるようです」「増加増加ブログ」。
特定の人が増加の名前から「ジロー好き」とそのような女の子に電話をするために、リーナの店でラーメン店全てを増やしてください。
それだけがあまりにたくさんサーブしたブログを書いている女の子に関しては時間があるので、「指名がないものです、言い換えると、自由な女の子は、物質の中にテクニックでいます、
または、それに期待しないでください、そして、リーナは、言うことがイカであると思うようです」。
もちろん、そこの忙しく指名と堅固に製造金である女の子が眠って、それを寄贈するかもしれない間隔を残念に思うので、私がリーナ全体のすべての意見をのみこむことができるというわけではありません。
しかし、本当の声の1つであることは確かです。
そして、「私は、書かせられます」と、それは思います、そして、それが負担をかける多くの女の子がいることは事実です。
店側のために顧客を引き入れることにつながると考えることが女の子が店を出る要因の1つになっているのは残念であることが状況であると言われるかもしれません。